スポンサーリンク

セレクトショップが別注したラングラーのボアジャケットを徹底比較。

スポンサーリンク

HOUYHNHNM

FEATURE| セレクトショップが別注したラングラーのボアジャケットを徹底比較。

1109_wrangler_Brand_1200_675_

WRANGLER & 5 SELECT SHOPS

セレクトショップが別注したラングラーのボアジャケットを徹底比較。

古き良きアメリカのカウボーイカルチャーを内包し、世界各国に多くのファンを持つ〈ラングラー(WRANGLER)〉。ブランドの創立70周年を迎えた今年、国内の主要セレクトショップ5社とタッグを組んだボアジャケットを続々とリリースしている。今季らしいトレンド感や特徴的なディテールの違いなど、各ショップによって込められた想いをスタッフの着こなしと共に紹介。人気セレクトショップが提案する〈ラングラー〉の魅力を紐解いた。

  • Photo_Hiroyuki Takashima
  • Text_Yuho Nomura
  • Edit_Ryo Muramatsu

  • !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);
  • このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

FREAK’S STORE

名品モデルを現代的解釈でアップデート。

wrangler_item_05

言わずと知れた〈ラングラー〉の名品番「11MJZ」。古着好きでもある「フリークスストア」バイヤーの江原伸悟さんも特に思い入れが強いというモデルを現代的なディテールによって蘇らせたボアジャケットは、トピックスも盛りだくさんだ。「50年代後半から60年代前半の代表的なモデル『11MJZ』のヴィンテージをベースにしているんですが、フロントをジップに変え、襟の大きさも小ぶりにしています。オリジナルにはないコーデュロイの生地を採用したことで、現代的な一着に仕上がったと思います」。これまでの〈ラングラー〉の別注にはないカスタムは「フリークスストア」の新たな挑戦を感じさせる。「ショップの声なども反映して作ったジャケットは、今までなかったスタイリッシュさも感じられると思います」

wrangler_01

ボディの素材は、これまでの「11MJZ」にはない写真のコーデュロイに加えて、定番素材のデニムを用意。当時のシルエットよりも若干シェイプアップさせ、野暮ったくない今季らしいシルエットを実感できる。また通常ボタン仕様となっているフロントもジップに変更され、印象をガラッと変えている。

細部にまでこだわったボアが売りの定番モデル。

wrangler_item_06

WRANGLER×FREAK’S STORE ¥19,000+TAX

近年欠かさずにつくられている「フリークスストア」別注のランチコート。あくまでもランチコートの原型を守りつつも随所に玄人をニヤリとさせるディテールを潜ませる。バイヤーの江原さんは「定番としての安心感は残しながらも、パッと見では見落としてしまいそうな細かいディテールのこだわりや仕様変更を加えて、毎シーズン楽しみにしてくれているお客さんにも新しい発見を与えられるアイテムになった」と語る。これまでと異なり、今季は「フリークスストア」のオンラインストアのみでの展開。「〈ラングラー〉との別注は定期展開もあって、それなりに認知度も高くなってきたことで、コーデュロイのジャケットと差別化を図るためにもオンラインストアのみでの展開にしています。長年デザインやシルエットなどを大幅に変更せずに別注を続けてきたことで定着したファンとの信頼感があるからこその決断でした」

wrangler_02

ムートンジャケットから着想を得たという大きな襟のフォルム、さらにサイドポケットの裏までボアを配したことで、ハンドウォーマーとしての機能も備えている。同時に今季のトレンドでもあるボアをより強調している。ボディは洗い掛かった柔らかなデニムを採用し、「フリークスストア」らしいアメリカンカジュアルの雰囲気を体現している。

STYLING IMAGE

菅野寛貴さん(新卒採用担当)

171031_HYN-0079
171031_HYN-0100

〈フリークスストア〉パンツ ¥9,250+TAX(フリークスストア 渋谷店)、その他本人私物

「秋らしく落ち着きのあるカラーリングでまとめて、カジュアルなスタイリングを心掛けました。随所に配したアイテムの素材もさりげなく季節感を意識しているので、 旬な印象を与えられると思います。ショート丈のジャケットに若干長めのシャツをレイヤードし、サイズバランスを調整。リラックス感のあるパンツと合わせてもどこかこなれた雰囲気を醸し出せます。またアイテムのサイズ選びはジャストかやや大き目がオススメです」

171031_HYN-0110
171031_HYN-0121

〈フリークスストア〉シャツ ¥8,300+TAX、〈ニードルズ〉トラックパンツ ¥25,000+TAX、〈コンバース〉スニーカー ¥12,000+TAX(すべてフリークスストア 渋谷店)

「全体をルーズなシルエットでまとめた着こなしを意識しました。トレンドライクなライン入りのトラックパンツやストライプシャツは、一見ランチコートとの相性は悪そうなんですけど、実はその存在感をより一層引き立ててくれる効果もあるんです。デニムのランチコートは『フリークスストア』で最近定期的にリリースしている別注アイテムでもあるので、今季はストリート感のあるスタイルに合わせてみてはどうでしょうか」

フリークスストア 渋谷店
電話:03-6415-7728
www.freaksstore.com

Source: フィナム

スポンサーリンク
スポンサーリンク