スポンサーリンク

スノーピークの親子に訊いたダナーに惹かれる理由。

スポンサーリンク

HOUYHNHNM

FEATURE| スノーピークの親子に訊いた、ダナーに惹かれる理由。

2018_0406_danner_snowpeak

SENSE AND SYMPACY. Danner meets Snow Peak

スノーピークの親子に訊いた、ダナーに惹かれる理由。

世界中で愛されるアウトドアギア&ウェアを作り続けている〈スノーピーク(Snow Peak)〉の山井太・梨沙親子。それぞれ独自のポリシーのもとにものづくりを続けていますが、互いに認め合っており、共感できる部分も多いといいます。それを物語るのが、2人とも長年の〈ダナー(Danner)〉愛用者であるということ。なぜ親子してそれほど〈ダナー〉に惹かれるのか。このほど発売された新作「ダナーフィールド(DANNER FILD)」を試してもらいつつ、その理由を訊いてみました。

  • Photo_Shinichi Miura
  • Text_Tetsu Takasuka
  • Edit_Yosuke Ishii

  • !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);
  • このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

_M4A9151

(左)山井 太 / スノーピーク代表取締役社長
ロッククライマーだった父が創業したアウトドアメーカーを継ぎ、革新的なアウトドアギアを展開。「自らもユーザーである」というポリシーのもと、高品質なものづくりを続けている。

(右)山井梨沙 / スノーピーク デザイナー
スノーピークに入社後、2014年に自らがデザイナーを務めるアパレル部門を立ち上げる。幼い頃から培ったアウトドアマインドを軸に、都会と自然を行き来できる服作りに取り組んでいる。

高いクオリティを保ち続ける姿勢に、ものづくりに携わる者として共感する。

_M4A8866

山井社長の〈ダナー〉との出会いについて教えてください。

山井太(以下、太)僕が初めて〈ダナー〉というブランドを知ったのは東京のアウトドアショップで「ダナーライト」を見かけたとき。ブーツにゴアテックス®を使うという発想にとても驚いたのを覚えています。80年代前半のことでしたから、まだ発売されて数年。目をつけるのは結構早かったんじゃないでしょうか。

初めて足を通したときの感想はいかがでしたか?

早速手に入れて、フィールドで試してみたんですが、まさに夢のような靴でした。アウトドアで足が濡れるのって本当に嫌なもんなんです。でも、「ダナーライト」を履いていると本当に濡れないし蒸れない。それまでも登山用のマウンテンブーツはありましたが、オールレザーで重厚に作られていたりしてキャンプ用に履くにはちょっと重すぎる。その点、「ダナーライト」は軽量でキャンプ靴として使いやすかったんです。

_M4A9015

機能的で軽量、そのうえタフさも兼ね備えたなブーツだと。

ここだけの話ですが、テントのペグを打つためのハンマー替わりに、「ダナーライト」を使っていたこともあります(笑)。軽いのにそれくらいタフなんですね。とても気に入って、家族でキャンプに行くときなど、30年以上にわたって履き続けていますよ。

_M4A9032

デザイン面についてはいかがでしたか?

僕が〈ダナー〉を気に入った理由は、機能性だけでなくデザイン性の高さもあります。レザーとナイロンの組み合わせは、とても新鮮でした。正直、オシャレな靴だなと思ったんです。実際、アウトドアウェアだけじゃなく、普通のジャケットやジーンズなどカジュアルな服装にも似合いますし。街履きすることも多いですが、ダナーを履いて歩いていると、アウトドアパーソンとして自然に気分が高揚してくるんです。

_M4A8954

山井社長が愛用されている「ダナーライト」のDNAを継承したモデル、「ダナーフィールド」が発表されました。実際に履いてみた感想を教えてください。

「ダナーライト」の魅力をまさにそのまま受け継いだモデルですね。機能面も申し分なし。フットベッドが柔らかくて履きやすいし、日本人の足型に合っている感じがします。リーズナブルなのにゴアテックス®を使ってしっかり防水仕様になっているのも嬉しいですね。高い生産技術で〈ダナー〉としてのクオリティを保ち続ける真面目なものづくりは、〈スノーピーク〉とも相通じるところがありますね。生産地がアメリカでなくても、やはり〈ダナー〉は〈ダナー〉なんだなと思います。今後は「ダナーフィールド」もヘビーローテーションしそうですね。

_M4A8927

娘の梨沙さんは〈スノーピーク〉のアパレルラインを手がけられています。梨沙さんのものづくりについてどう思われますか?

梨沙は小さい頃から服が大好きでした。その想いをずっと持ち続け、今までになかったものを作ろうとする姿勢は評価しています。私の父はロッククライマーで、私もアウトドアパーソンとして育った。梨沙もまた私たちと野遊びをしながら育ちました。アウトドアのDNAはものづくりにしっかり生かされていると思います。その一方で、都会でも着られるアウトドアウェアという新しい境地も自分なりに切り拓いている。梨沙は〈スノーピーク〉の本質をしっかり理解していると信じているから、彼女が作るものに対して私は一切口出ししません。今後、〈スノーピーク〉をより良い形に変えていってくれると思っています。

「ダナーフィールド」は梨沙さんが手がけるアパレルラインにもフィットしそうですね。

アウトドアと街を境界なく行き来できるという点では、〈ダナー〉と〈スノーピーク〉アパレルのコンセプトはまったく同じです。梨沙が生み出す洋服との相性は間違いなくいいでしょうね。

都会と自然を行き来する。それがダナーとスノーピークの共通点。

_M4A9168

梨沙さんが〈ダナー〉のブーツを履くようになったきっかけは何だったのでしょう?

梨沙10年以上前に買った黒の「マウンテンライト」が、私にとっての初めての〈ダナー〉でした。もともと登山靴として作られていたとは知らず、見た目が気に入ってファッション的にイケてる靴として購入したんです。

それは意外ですね。どの辺りに惹かれたんですか?

梨沙普通のレディースブランドのシューズにはないボリューム感と本物感に惹かれました。当時は全身黒でまとめて「マウンテンライト」を合わせ、モードな雰囲気で街履きしていました。

_M4A9172

実際にアウトドアで履くことはありましたか?

梨沙後になってアメリカブランドのアウトドアブーツだと知ってからは、フィールドでも実用的に履くようになりました。実際、トレッキングやスノーキャンプなど、どんなアクティビティにも通用するんです。その後「ダナーライト」も手に入れて雨の日のキャンプなどで活用していました。

山井社長も同じく「ダナーライト」の愛好家と聞きました。

梨沙長らく愛用していたのですが、ある時、父がずっと〈ダナー〉のブーツを愛用していたと知って驚きました。家族でキャンプに行く時に履いていた姿が、どこか記憶に残っていたのかもしれませんね。

_M4A9207

同じものづくりをする立場から、父である山井社長をどのように見ていますか?

梨沙父は家にいないことが多かったから、〈スノーピーク〉に入社して一緒に仕事をするようになって、ようやくこういう人だったんだと理解できた面もあります。そこで気付いたのは、父は私と感性が近く、常に共感しあえる一番の理解者であるということ。親子でしかありえない根底でのつながりを感じますし、お互いのものづくりに対してもリスペクトし合っています。だから、父娘二代で〈ダナー〉を愛用しているように同じものを好きになるのも当然のことかもしれません。

_M4A9268

長く愛用している「マウンテンライト」と同じ黒の「ダナーフィールド」を着用されていますが履き心地はどうですか?

梨沙アッパーレザーもソールもソフトで、すぐに足に馴染みますね。フィールドにガンガン踏み入っていけそう。2トーンのモデルもいいけれど、黒のワントーンだと機能性とファッション性の絶妙なバランスがさらに際立ちますね。

リーズナブルなのにしっかりステッチダウン製法を採用しています。

梨沙本格派な作りでソール交換ができるところが一番嬉しいですね! 破れたり壊れたりして、お気に入りの服や靴が2度と手に入らなくなるのが私はとても嫌なんです。最初に履いていた「マウンテンライト」は、自分で補修剤を使って直しながら履いていたんです。その後、リペアサービスがあることを知ってプロに直してもらったとき、生まれ変わったような仕上がりに感動しました。ですから、私にとってソール交換やリペアができることもダナーの大きな魅力なんです。「ダナーフィールド」もリペアしながら長く履き続けられるから安心ですね。

_M4A9419

ご自身がデザインするアパレルとの相性はどうですか?

梨沙〈スノーピーク〉の服は都会でも自然の中でも着られます。〈ダナー〉のブーツも立ち位置は同じです。ですから、〈スノーピーク〉の服を使ったどんなスタイリングにも必然的にフィットすると思います。

アウトドアの楽しみを多くの人に。

_M4A9458

アッパーにウォータープルーフレザーと耐久性に長けたナイロンを採用し、ゴアテックス®で内側を覆うことで防水透湿性を実現。インソールにはオルソライトを採用しており、優れたクッション性も備えています。

2018_0402_danner_1

(左)インナーライニングには防水・透湿性に優れてるゴアテックス®ブーティを搭載。どんな悪天候にも対応してくれます。(中)底付けは頑強なステッチダウン製法を採用しています。そのためソール交換も可能。永く愛用することができます。(右)アウトソールはビブラム®のクレッターリフトソールを。耐摩擦性に優れるほか、グリップ力も十分。どんな悪路も安心して履くことができます。

ダナーインフォメーション
電話:03-3476-5661
jp.danner.com

特集ページはこちら
jp.danner.com/topics/danner-field.html

    • !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);
    • このエントリーをはてなブックマークに追加https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js

Source: フィナム

スポンサーリンク
スポンサーリンク